示談交渉は誰がする?

示談交渉で自分が被害者になってしまった場合に、任意保険に加入していると、契約している保険会社が行ってくれることが多くあります。加害者側も任意保険に加入している場合は、加害者側も当事者ではなく、契約している保険会社が対応することになります。

相手との交渉を保険会社が行ってくれるから任せておけば大丈夫だと思って丸投げしてしまう人が多くいますが、そういったケースでも問題が発生することもあります。

示談交渉は、時間も手間もかかる面倒な作業が多くあります。そのため、被害者がケガなどを負っている場合は特に、事故後の生活の保障などをきちんと主張していかない限り、保険会社は加害者側の保険会社と適当なあたりで示談交渉を成立させてしまうことがあります。

とはいえ、個人で対応するとなると、保険会社相手に専門知識もない状態では対等に話し合えることは到底あり得ません。そういったケースで強い味方になってくれるのが弁護士です。被害者の代理として、豊富な知識と経験で保険会社と交渉してくれます。交通事故被害に遭ってしまったら、被害者であるにもかかわらず、不利な立場や金額で示談が成立しないよう、身を守る工夫をすることが大切です。