示談交渉は早急に

示談交渉は、被害者である自分と、加害者である相手の契約している保険会社との間で行われます。被害者である立場の場合、交通事故で被ったケガの治療費や治療にかかった費用、交通事故で被ったケガにより変化した生活環境の補償、交通事故により受けた精神的ダメージに対する慰謝料など、自分が受けたダメージに対して十分な金額の損害額を補償してもらいたいと思うものです。

反対に加害者側である保険会社は、もちろんボランティア団体ではないので、営利を目的としなければいけません。そのため、少しでも支払う金額を抑えようと交渉します。

示談交渉は、非常に細かい金額のやり取りをするので、時間も手間もかかってしまう非常に面倒な作業だとも言えます。しかし、示談が成立しないまま保留しているような状況では、いつまでも正当な示談金を受け取ることができません。最悪の場合、正当な金額というだけでは済まず、示談金そのものを受け取ることができなくなる可能性もあります。

交通事故の被害者が補償請求できるのは、事故に遭った日から3年以内と法律で期限が決められています。交渉が面倒だからと先延ばしにせず、短期間できちんと正当額を支払ってもらう必要があるのです。