交通事故の示談交渉

交通事故の被害に遭ったときに起こり得るのが慰謝料の請求や示談交渉の問題です。交通事故では被害者になってしまったときだけでなく、加害者側の立場でも避けては通れない問題かつ、その後の生活にも関係する非常に重要な問題です。

示談交渉をする際は、加害者と直接行うのではなく、加害者の契約している保険会社とやり取りを行うのが一般的なパターンです。保険会社は専門的な知識を持っているので、そのやり取りには、必然的に専門用語が出てきます。仕事関係などで、交通事故のあとの処理について日常的に知識がある人でない限り、保険会社と対等に話をすることは非常に難しいと言えるでしょう。

示談交渉ではうかつに返事をしてはいけないという話を耳にしたことがある人もいるのではないでしょうか。示談交渉においては、口約束のように口頭で交わした内容も正式な内容として取り扱われてしまう可能性があります。それにより、本来受け取れるはずの示談金が減額される可能性や、生活に不利益がある状態で状況を受け入れたことになってしまうこともあります。

示談交渉は個人で行うよりも弁護士に代理をお願いする方が、有利になることが多く、加害者の契約している保険会社が提示する示談金についても上乗せして請求できる可能性もあります。保険会社と対等に話をする自信がない人は、早い段階で弁護士に相談することをおすすめします。ここでは、示談の対応に関する注意点やポイントをチェックしてみましょう。